MENU

足の冷え性は不妊の原因にも?

 

不妊症の原因には多くのものがありますが、男女ともに病気などの異常がなくても不妊で悩んでいる人もいます。
不妊症の中で原因不明のものは約30%にものぼるのです。そして、不妊症のリスクを高めているものとして考えられているのが「冷え性」です。

 

特に、足の冷えが強い人は不妊のリスクを高めている可能性があります。
足が冷たいということは、下半身の血流が悪くなっているということです。

 

下半身には、妊娠に必要や子宮や卵巣などの臓器があるため、下半身の血流が悪くなることによって、臓器の機能が低下してしまっている可能性は否定できません。
不妊治療中、妊活中の女性は特に、足の冷え性は改善しておきましょう。

 

 

Sponsored Link

 

 

不妊症と冷え性の関係は?

 

不妊症と冷え性の関係性は、医学的にはっきりと証明されているわけではありませんが、何らかの影響を与えていると考えている専門家は多くいます。
その理由は、妊娠に必要な女性ホルモンは、分泌後に血流にのって卵巣などに届くためです。

 

冷え性では、血行不良の状態になっているためホルモンが分泌されても目的の場所に届かず、十分な役割を果たせていない可能性があるのです。
その結果、排卵障害、卵胞発育不全などを引き起こして不妊症となっているのかもしれません。

 

 

妊娠を考えている女性は要チェック!

 

これから妊娠を考えている女性は、手足だけではなく体を冷やさないことも大切です。
冷えやすい環境や、血行を悪くする服装をしていないか?チェックしてみましょう。

 

□ガードル、ストッキングなど体を締め付ける服を着ている
□常に冷房のきいた部屋にいる
□冬でも足の出た服装をしている
□運動不足
□ストレスが多い
□脂っこいもの・洋食を食べる機会が多い
□お惣菜・お弁当を食べる機会が多い
□甘いものを食べるのが好き

 

上記は、いずれも冷え性の原因となる項目です。1つでも当てはまるものがあれば、改善するようにしましょう。

 

 

妊活中の女性におすすめ冷え性対策

 

妊活中の女性は、冷たいものではなく温かい飲み物をおすすめします。
カフェインの入っていないたんぽぽコーヒーやハーブティー、生姜紅茶などを飲んで、リラックスするのがポイントです。

 

生理不順や月経前症候群(PMS)で悩んでいる方は、漢方薬を使うのもいいでしょう。
その他、筋トレなどを取り入れ筋力アップをはかることは、冷え性改善になると同時に、免疫力をあげて妊娠に備えた体づくりをするには最適です。

 

できることから取り組み、毎日の積み重ねで妊娠しやすい体をつくりあげていくことが大切です。

 

 

Sponsored Link